アフィリエイト 「購買心理を理解する ①」について初心者にもわかりやすく解説 説明 意味

みなさんこんにちは。

佐々木です(^^)

 

アフィリエイトだけに限らないことですが、人間が

商品を買いたくなる仕組みを理解することによって、

購買意欲を促進させることが可能になります。

 

人間が商品やサービスを購入するまでには

4つの心理的障壁」が存在します。

そして、それぞれの心理的障壁を乗り越えさせる

方法も異なってきます。

 

それぞれの要素に対して適切なアクションを

選択することによって、

人間の購入意欲は段階を追って増していくことになります。

 

今回はそういった人間の購買心理である

4つの心理的障壁」の中でも

無関心→興味あり」、「興味あり→購入検討

について説明していこうと思います。

 

動画にてレビューをご覧になる方は以下からお願いします。

 

 

1

 

【無関心→興味あり】

2

「無関心→興味あり」の壁を乗り換えるために必要なことが

「意外性」「気づき」になります。

 

まず、みなさんの商品に関心を持ってもらわなければ、

その商品の存在に気づいてもらえなければ

購入などをしてくれることはありません。

 

自分では当たり前と思っていたり、そもそも原因に

気づいていなかったりする人に対して「意外性」「気づき」

提示することによって興味や関心を惹きます。

 

例えば「毎日トレーニングをしていても痩せない」

という人は原因は「運動不足」ではなくて

「食生活」なのかもしれません。

 

こういった文章も「気づき」に該当するのです。

 

自身が運営するブログのジャンルの中でも

これらの「気づき」「意外性」を提供することができないかを

考えるようにしましょうね。

 

【興味あり→購入検討】

3

興味を持たせることに成功したのなら

続いては、財布の紐を弛めさせるための壁を乗り越える

必要があります。

 

ここで必要なのが

「商品の利便性」「ライフスタイルが豊かになるイメージ」

となります。

 

商品の性能をアピールする要素」や

「自分の紹介している商品やサービスの長所」

しっかりと把握して、購入検討者が欲しくなるような

文章構成を考えるようにしましょうね。

 

【まとめ】

①無関心→興味あり

自身では当たり前だと思っていたり、そもそも原因に

気づいていなかったりする人間に対して

「気づき」や「意外性」を提示して興味や関心を惹く

 

②興味あり→購入検討

商品の性能をアピールする要素になりますので、

自身の紹介している商品やサービスの長所を把握し、

購入予定者が買いたくなるような文章構成を考える

 

今回は人間の購買心理である

4つの心理的障壁」の中でも

無関心→興味あり」、「興味あり→購入検討

について説明してきました。

 

アフィリエイトで稼ぐために必要なのは

これらの「アフィリエイトの仕組み」を

きちんと理解することが成功への第一歩となります。

 

聞き慣れない言葉も多いかもしれませんが

一つずつ覚えていきましょうね(^^)

 

以下のアフィリエイトに関する用語などもご参考にしていただければと思います。

 


 


 

最後まで読んでくださったみなさんへ・・・

この記事を読んでいただいたということは、

あなたが、

「稼げる情報を探している」

もしくは

「ネットビジネスでの稼ぎ方を探している」

からではないでしょうか?

 

しかし、世の中に溢れている情報商材のほとんどが、

「販売者が利益を得ることだけ」

を追求したものとなっており、

みなさんがそのようなものを購入しても稼げる可能性は

極めて低いでしょう(´・_・`)

 

そのような情報弱者の方たちが痛い目にあい、

人を騙して稼いでいるような人間が数多くいる状況に怒りを覚えています。

 

私たちは、「ネットビジネスで稼ぎたい!」

という気持ちを持った方を応援するための

 

「完全無料の初心者向けネットビジネス入門講座」

 

を開講しています。

 

というと、「佐々木さんもそうやってお金を稼ごうとしているんでしょ??」

と思った方もいますよね(;´Д`)

 

しかし、私たちの講座は

 

「無料」で開講しており、多くのネットビジネス初心者の皆さんが

成果を出しておられます。

 

無料ということで、

「これは自分には向かないかな」

と思えばメルマガを解除するだけでいいんです。

 

私はみなさんを稼がせる自信があります。

 

まずは試しに私たちと頑張ってみませんか?

 

みなさんの登録をお待ちしております(^-^)


 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ