小玉歩  事件です!は稼げる?詐欺?騙された? レビュー 評価 暴露 返金 相談 「敗者復活請負人」 「時給40万円の仕事」

みなさんこんにちは。

佐々木です(^^)

 

今回紹介する案件はネットビジネス業界でも

影響力のある方が登場します。

 

それはどういうことかというと、

そういった方たちに魅力を感じて

たくさんのネットビジネス初心者、

稼げていない方たちが

参加してしまう可能性が高くなる

ということです。

 

普段よりも長めになりますが

それほど注意していただきたい案件ですので

是非、最後までご覧くださいね。

 

それでは紹介に参ります。

今回は小玉歩氏による「事件です!

について紹介していきます。

 

 

 

控えている高額塾「資産積み上げ型オート転売スクール」について更新しておりますのでご確認下さい!!

 

 

 

動画にてレビューをご覧になる方は

以下からお願いします。

【概要】

20

「事件です!」 小玉歩

特定商取引法に基づく表記

記載なし

 

これまでに無料オファー時点で

特商表の記載がないもので

優良商材があった記憶がありません。

【セールスレターの内容について】

セールスレターはコチラ

「事件です! 小玉歩

7億円事件勃発!
事件現場から中継が入りました。
あまりにカンタンに稼げすぎて
”稼ぐ力が身に付かない”と話題の
驚愕ビジネスの秘密が遂に解禁・・・
完全初心者で、お金と時間がなくとも
コピペとクリックだけで月収100万円
実現する”何もしない系ビジネス”の全貌
遂に明らかになる模様です。

 

というキャッチコピーとなっている今回の

事件です!」ですが、

セールスレターを見ている限りでは具体的な

ビジネスモデルについては

明かされておりません。

 

無料オファーの時点で

ビジネスモデルを明かさないもので

優良商材があった記憶がありません。

 

ちなみに、ビジネスモデルを

明かさないのは

小玉歩氏が視聴者に対して

プロダクトローンチ」を

考えているからですね。

【小玉歩氏についての注意点】

こういった無料オファーが本物か

どうかを判断する基準の一つが

関係者の過去の評判」です。

 

今回の「事件です!」を手掛ける

21

こちらの小玉歩氏ですが、

ネットビジネス業界では

トップクラスに悪名高い人物の一人です。

 

小玉歩氏のいつもの手口は、

動画内やセールスレター内にて

「私はこんなに稼いでます(自慢話)」を

ひたすら繰り返した後

メールアドレスの登録者には

メールが送られてきてセミナーなどの

コンテンツの売り込みが始まります。

 

今回の「事件です!」の

セールスレター内にある

「プライバシーポリシー」の

「個人情報の利用」の箇所を確認すると

 

登録いただいたお名前とメールアドレスは

Frontline Marketing Japan(株)および

小玉歩の発行するメールマガジンに登録させていただきます。

 

と小さく書かれています。

 

よって、今回も小玉歩氏の

セミナー、コンテンツ、

高額塾の売込みが始まることが

容易に想像ができますね(;´Д`)

 

小玉歩氏はこれまでの無料オファーの

セールスレター内にて

22 

このように

自身の『クビでも年収1億円』という書籍が

ビジネス書籍としては異例の

10万部ヒットしたことのアピールや

23

このように

大手ASPであるインフォトップ

での画像を用いて

「2015年の報酬が2億円を超えた」

とアピールしてきています。

 

これらは

私はこんなに有名で稼いでいてすごい

というのを

みなさんにアピールしているのです。

 

そして、これは事実です。

 

しかし、「事件です!」に

参加したからといってみなさんが

小玉歩氏のように2億円を

稼げるようにはなりません。

 

なぜなら、小玉歩氏の上げている収益

と言うのは自身の販売している

商材での売上やノウハウの販売者を

プロデュースすることなどが

主な収入源なのではないでしょうか。

 

2016年に発売した

The Mail Magazine」に関しては

短期間で1,200人以上に販売し、

3,600万円以上を売り上げたようですしね。

 

みなさんは小玉歩氏のように

 

①セミナーを開催

②6人の講師のプロデュース

③高額塾、高額コンテンツの用意

④高額塾の運営

 

が出来るようになると思いますか??

 

小玉歩氏のようになりたい

小玉歩氏のように稼ぎたい

 

と考えて今回の「事件です!」へ

参加するのは見当違いでは

ないでしょうか(´・ω・`)

【複数のセールスレターを用意】

24

今回の「事件です!」と

同じ内容のものを違う

名前、雰囲気、LPにて

オファーをかけています。

 

「敗者復活請負人」

25

敗者復活請負人
日本語が苦手で何をしてもダメだった42歳女性
→トータルで800万円を稼がせる
いくつもの塾に入り500万円の借金を作った41歳男性
→借金を完済させて月収50万円
飲食店の激務で膝の皿を割った38歳男性
→飲食店をやめて月収70万円
ガラケーしか持っていなかった手取り20万円のサラリーマン
→1か月にたった5時間の副業で月収200万円

 

「時給40万円の仕事

28

時給40万円の
仕事なんてあるワケがないと
勝手に決めつけていませんか?
完全在宅で時間帯自由
クリック&コピペの単純作業で完結
資産構築型で右肩上がりの収入
コピペ&クリックだけで毎月のように
月収100万円達成者が出現。

このように一見、

雰囲気が違うLPを使用していますが、

なぜこのようなことをするのでしょうか。

 

その理由は「検索逃れ」です。

 

例えばタイトルにあるような

事件です!」についてみなさんが

「信用できるものなのかネットで調べよう」

と考えて調べたとします。

 

事件です!」の

酷評がズラリならんでいたとすると

参加なんてしませんよね。

 

このように一つのタイトルが既に粗悪な

商品だと認知されても

他のタイトル、LPによって販売ができる

考えているんですね。

 

つまり、販売者自身も今回の事件です!

内容には自信が無いということになります。

 

それでも悪評が広まる前に稼いでおこう

という考えなのです。

 

また対象者を分散させる狙いもあります。

 

事件です!」という言葉に

「凄い!大金が手に入りそう!」

というイメージを持つ方もいれば、

「胡散臭いな」というイメージを

持つ方もいると思います。

 

しかし、他のLPを見れば好印象を

持つ可能性もあるわけです。

 

そのようなことを考えて複数のタイトル、

LPを用意しているんですね(;´Д`)

【まとめ】

セールスレター全体で

26

このように

初心者を対象とした胡散臭い雰囲気

漂っていますね。

 

ビジネスモデルを明かさず

興味を持たせようとする手法

誰でも簡単に稼げますアピール

 

なども非常に怪しいと感じる部分です。

 

小玉歩氏も自身が

事件です!」のノウハウで稼いでいる

のではなく、「事件です!から

額塾へ参加する方を集めて

稼ごうとしている」のは

間違いありませんよ。

 

セールスレター内では

期間限定での無料公開

などとアピールをしていても

高額塾・高額コンテンツの売り込みは

間違いなく控えているでしょう。

 

これらの理由から

事件です!」については

27

という判断になります。

 

高額塾の詳細などが分かり次第

更新をさせていただきますが

事件です!」には

期待をしない方が

いいでしょうね(´・ω・`)

 

 

 

控えている高額塾「資産積み上げ型オート転売スクール」について更新しておりますのでご確認下さい!!

 

 

 

 

最後まで読んでくださったみなさんへ・・・

この記事を読んでいただいたということは、

あなたが、

「稼げる情報を探している」

もしくは

「ネットビジネスでの稼ぎ方を探している」

からではないでしょうか?

 

しかし、世の中に溢れている情報商材の

ほとんどが、

「販売者が利益を得ることだけ」

を追求したものとなっており、

みなさんがそのようなものを購入しても

稼げる可能性は極めて低いでしょう(´・_・`)

 

そのような情報弱者の方たちが

痛い目にあい、人を騙して稼いでいるような

人間が数多くいる状況に怒りを覚えています。

 

私たちは、「ネットビジネスで稼ぎたい!」

という気持ちを持った方を応援するための

 

「完全無料の初心者向けネットビジネス入門講座」

 

を開講しています。

 

というと、「佐々木さんもそうやって

お金を稼ごうとしているんでしょ??」

と思った方もいますよね(;´Д`)

 

しかし、私たちの講座は

 

「無料」で開講しており、

多くのネットビジネス初心者の皆さんが

成果を出しておられます。

 

無料ということで、

「これは自分には向かないかな」

と思えばメルマガを解除

するだけでいいんです。

 

私はみなさんを稼がせる自信があります。

 

まずは試しに私たちと頑張ってみませんか?

 

みなさんの登録をお待ちしております(^-^)

 

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ