バイナリーオプションの判定方法について 初心者にもわかりやすく解説 説明 意味

みなさんこんにちは。

佐々木です(^^)

 

私のネットビジネスでの収入の半分程度は

バイナリーオプション」での収入となっています。

 

そんな私のバイナリーオプションに対する考えやテクニックを

複数回に渡って記事にしていきたいと思います。

 

今回は

バイナリーオプションの判定方法」について

お話ししていこうと思います(^^)

 

動画にてレビューをご覧になる方は以下からお願いします。

 

 

1

バイナリーオプションで投資をするには

業者を選択する必要があります。

 

それぞれの業者や取り扱っている商品によって

判定方法が違ってきます。

 

上がるのか下がるのかの二択を予想する点は基本的に

変わりませんが、的中を判断する基準がいくつかありますので

紹介しておきます。

 

①「HIGH&LOW(ハイアンドロー)

2

複数ある判定方法の中でも一番メジャーなのが

こちらのHIGH&LOW(ハイアンドロー)方式になります。

 

この方式は予想をしたときのレートに対して

判定時間に上がっているのか下がっているのかで判定されます。

 

シンプルでわかりやすいので初心者の方には最もオススメとなります。

 

ちなみに判定時間は数分後~数日後というように

いくつかの期間が用意されています。

 

判定期間の間は相場がどちらに動いたとしても

結果には関係しません。

 

途中で予想と反する方向に相場が動いていたとしても、

判定時間のときにさえ予想した方向に相場が動いていれば的中

となり払い戻しがあります。

 

②タッチ

3

こちらの「タッチ」という方式は

指定されたレートに届くのかを予想するものです。

 

最終的にそちらのレートに届くのかではなく、

時間内に一度でもそちらのレートに届けば的中となります。

 

そちらのレートに届いた後に相場が大きく反対に動いたとしても

全く関係が無く払い戻しがあります。

 

ほんの数秒でもレートに達していればいいので

予想としては、

最終的にどうなるか分からないが途中でこのレートにはいくだろう

と考えられるならば勝ちやすい方式となりますね。

 

③レンジ

4

こちらの「レンジ」という方式は判定時間までの間に

一定の範囲内に収まるかどうかを予想するものです。

 

レートに対して上限と下限が決められ、

そのラインを上であっても下であっても超えてしまうと

アウトになってしまいます。

 

相場が大きく動いている時はその範囲からはみ出すことも

多くなりますが、値動きが少なければ勝てる確率もアップします。

 

HIGH&LOW(ハイアンドロー)方式やタッチ方式と違って

結果が出るまでは目を離せない取引方式となります。

 

 

今回は

バイナリーオプションの判定方法」ということを

簡単に説明しました。

 

その他のバイナリーオプションに関する記事は

以下からご確認下さい。

 

「バイナリーオプションで勝つために」記事はコチラ!

 

 

また、実際に無料で体験できるBOグループも用意されていますので

良かったら試してみてくださいね(^^)

 

詳しくは以下をご覧ください。

 

最後まで読んでくださったみなさんへ・・・

この記事を読んでいただいたということは、

あなたが、

「稼げる情報を探している」

もしくは

「ネットビジネスでの稼ぎ方を探している」

からではないでしょうか?

 

しかし、世の中に溢れている情報商材のほとんどが、

「販売者が利益を得ることだけ」

を追求したものとなっており、

みなさんがそのようなものを購入しても稼げる可能性は

極めて低いでしょう(´・_・`)

 

そのような情報弱者の方たちが痛い目にあい、

人を騙して稼いでいるような人間が数多くいる状況に怒りを覚えています。

 

私たちは、「ネットビジネスで稼ぎたい!」

という気持ちを持った方を応援するための

 

「完全無料の初心者向けネットビジネス入門講座」

 

を開講しています。

 

というと、「佐々木さんもそうやってお金を稼ごうとしているんでしょ??」

と思った方もいますよね(;´Д`)

 

しかし、私たちの講座は

 

「無料」で開講しており、多くのネットビジネス初心者の皆さんが

成果を出しておられます。

 

無料ということで、

「これは自分には向かないかな」

と思えばメルマガを解除するだけでいいんです。

 

私はみなさんを稼がせる自信があります。

 

まずは試しに私たちと頑張ってみませんか?

 

みなさんの登録をお待ちしております(^-^)


 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ